作成者別アーカイブ: signalhillchamber

ライブチャットでオナニー

ライブチャットでオナニーをしていると、地震が来た。かなりデカくて縦揺れした。僕は身の危険を感じてチンコを放り出したままデスクの下へともぐりこんだ。
もし、このまま家が瓦解して身動きが取れなくなったらどうしよう。死体が運び出される時、僕は下半身丸出しだ。
報道特別番組「〇〇地震が奪い去ったもの」において、僕の映像が流れる。「今回の地震で多数の若者が将来を奪われました」などとキャスターが神妙に言う。「彼はオナニーの最中に地震の被害に遭いました。どんな心境だったことでしょう」「しかし、それはそれで彼にとっては幸せだったのかも知れませんね」とコメンテーターがしたり顔で言う姿まで想像できる。
どうせ死ぬならカッコよく死にたい。少なくとも、パンツは穿いた状態で死にたい。それは、ライブチャットガールたちも同じではないだろうか。瓦礫の中から死体が見つかった時にローターを突っ込んだままだったら、さすがに恥ずかしいだろう。
DXLIVE
いや、それは違うかも知れない。逆に称賛されるのではないか?「ライブチャットでオナニーしている時の不幸でした」「仕事に殉じたと言っても差し支えないでしょう」と美談にされる気がする。それは、殉職と言う日本古来の美学を踏襲しているからだ。激しい揺れの中でもカメラの前でまんこを晒し続けた女性として、彼女は歴史に名を遺すかもしれない。
そこから導き出された結論として、地震があってもチャットガールはパンツを穿いてはならない、ただし、男の方はたとえ頭上に瓦礫が降ってきても、命よりもパンツを穿くことを最優先にしろ、と言うのが僕の遺言だ。そして、このメッセージが誰にも伝わらないまま、僕は「オナニー中に死んだ男」として悪い意味で語り継がれていくことだろう。
「結構、揺れましたねー。皆さん、大丈夫ですかー」と、スマホ越しにチャットガールが僕のチンコを覗きこむようにこちらの様子をうかがってきた。ちなみに彼女は全裸のままだった。プロだ!
センズリ鑑賞
ライブチャットでオナニー

センズリ鑑賞

 出会い系でメル友になって、女友達になってくれた子が僕にはいます。
彼女の年齢は21歳。
現役の女子大生です。
ちなみに僕の年齢は26歳。
恋人いない、ちょっと寂しいリーマンです。
由衣とは、純粋な友達関係であり、ただしネットということもあり下ネタを話したりすることはありました。
それでも、彼女の肉体をご馳走になりたいとか、懇ろになりたいと言うような思いは少しも持っていませんでした。

 LINEで、暇な時間に由衣と通話を楽しんでいた時のこと。
「ねぇ、彼女いなくて、欲求不満にならないの?」
「なるに、決まってるでしょ」
「風俗行けばいいじゃん」
「ヒラリーマンだから銭がないの」
「それじゃエッチなの見ながら、シコシコ?」
「健全な男はみんなやってるぞ!」
「エッチだな(笑)」
「でもさあ、マンネリで何となく興奮できないんだよね。由衣の裸とか提供してくれればな(笑)」
オナ指示
「バカ(笑)、できるわけないでしょ(笑)」
「でも、見せるくらいなら、妊娠もしないしさ(笑)」
この順調な会話の流れからだったんです。
「センズリ鑑賞させたことある?」
「なに、いきなり?」
「男の人って、センズリ鑑賞させると興奮するのかなって思ったの」
「その相手がいないんだけど、もしかして由衣がその相手になりたいの?」
「えっ、ええっ(笑)、まっ見ても悪くはないかなって気持ちはあったりね(笑)」
「そんじゃテレビ電話してみる?」
「うん」
最初は、冗談だと思っていました。
ところが、本気でセンズリ鑑賞させることになってしまいました。
「やだ、凄いエッチな形だね、オチンチン」
「こんなに膨張しちゃって…凄いスケベ」
「由衣も濡れてきたかも・・」
女の子にこんな発言されてしまっては、股間が疼きまくりです。
夢中になって見せながらシコシコ。
由衣も、興奮しているのが分りました。
それで結局、彼女もオナニーを開始。
一緒にオナニーを楽しみまくる。
僕は彼女にオナニーを見せまくる。
この壮大かつ壮絶なエロチズムに、すっかり心を奪われてしまいました。
オナニーのライブ配信
エロチャット

セフレ掲示板

付き合って1年。喧嘩もせずに仕事が休みの日には彼と会って過ごす。このまま順調に行けば結婚出来るかなと思っていました。
そんな私とは正反対の友達は彼氏とはうまくいっていない様子でした。理由を聞いてみると彼氏の携帯を覗くと女と浮気していることが分かったとのこと。問い詰めると携帯を勝手に見た事に逆上されて喧嘩になってしまったと聞いて驚きました。友達も私の彼氏は平気なのか。浮気している覚悟で携帯チェックした方がいいと言われたけれど、私の彼氏に限ってと思いました。
エロチャットを盛り上がる事が警戒心を解く鍵になる
そんなある日、彼氏の家でくつろいでいると仕事の疲れで私の隣で寝てしまった彼氏。携帯も私の近くにあったので私は友達の言葉がふと気になり携帯チェックをしました。すると、セフレ掲示板というネットの履歴がありました。アクセスしてみると彼がセフレ掲示板でセフレになってくれる人募集という投稿がありました。しかも、返信を送っている相手はみんな私より10歳以上年上。まさか熟女好きと言うことをこの時に知りました。本当はまだ覗きたかったけれど彼が起きそうだったので止めました。どうしてセフレを作ろうとしてるのか聞きたかったけれど、聞いたら携帯を見たことに怒られる。私はまだ浮気をしていても彼のことが好きだからどうしたらこれを止めてくれるのか色々考えました。まずエッチを自分から攻めていこう。きっと熟女は経験豊富。彼もその方が好きだろう。あとはもっと彼に対して優しくしてあげる。可愛い系を綺麗系になるなど彼好みになろうと思いました。
セフレ募集掲示板
セックスフレンド募集

乳首舐め

 北陸地方に出張に出かけた時のことでした。
地元社員の案内で、その土地にある相席居酒屋に出かけてみました。
無事に2人の女の子と、席を一緒にすることができ、結構な喜びを感じてしまいました。
相手は、25歳と27歳の保育士さんでした。
2人とも、見た目もなかなか魅力的な女の子たちでした。
「そんな魅力あるから、よく告白されるんじゃないの?」
すると2人は声を合わせて「そんなの、全然ない世界なんですよ」と、否定。
保育士って、女ばかりの世界。
男性職員は、かなり年配の方しかいない。
送り迎えに来るのも、ママさんばかりだから、男の人との出会いのチャンスが殆んどない、だから相席居酒屋に来たと話していました。

 25歳のリョウコちゃんとは、とても話が弾んだため、相席居酒屋を出て、別の店で飲むことに。
丸顔で、ちょっとふっくらした感じ。
異性としてのフェロモンを感じてしまいました。
妻も子供もいない土地での出会いだけに、期待する気持ちを持ってしまっていたのです。

 後日、リョウコちゃんから連絡が入りました。
「あの、お酒でもお食事でも良いんですけど、時間取れませんか?」
「ああ、今日はすべて仕事も終わったから、お付きできるよ」
こうして再び、保育士さんと会うことになりました。

 さりげないボディタッチをして、彼女の気持ちを把握しようとしました。
全く拒否してこない。
髪の毛にも触れてみる。
すべすべの頬にも触れてみる。
イケると思い「休憩に行こうか」と、誘い出しました。

 最近、男の経験をしていないリョウコちゃんの肉体は、何とも言えない良い反応を示してくれます。
硬くコリコリになっている乳首を、たっぷりと弄ってから乳首舐め。
音をジュルジュルっと立てながら、乳首舐めをして行くと彼女は声を出してくれました。
「はぁ・・いい・・あっ、あん、はっああっ」
「いいのか?」
乳首開発を2人のセフレにされ続けて乳首イキを覚える
「うん、もっと乳首舐めして・・・」
潤んだ声で言うんです。
たっぷりと乳首舐めを続けていく。
同時にオマンコに手を当てて、クリちゃんも刺激をしていく。
そこから、リョウコちゃんは、母性を捨ててメスへとメタモルフォーゼしていきました。
とにかく大きな声を出す。
快楽が強いと、体をよじる。
マン汁が、勢いよく飛び出してきます。
フェラをさせてやれば、一心不乱にしゃぶり続けてしまうほど。
正常位で挿入を開始すれば、乳首舐めで唾液だらけのオッパイが、ぷるんと揺れまくる。
出張先で、まさかこんな美味しい関係を作れるなんてと考えつつ、夢中になってピストンしました。

 リョウコちゃん、よほど性的な不満が溜まっていたのか、頻繁に連絡をよこしてくるようになっています。
「出張中は、いっぱい気持ちよくしてあげるから安心して」
「うん」
甘えるように抱きついてくるのです。
たまらなくチャーミングに感じてしまっています。
クリ責め
乳首舐め

処女喪失

私には忘れたい恋愛があります。学生の頃大好きだったライキとようやく付き合えて私の処女もあげたのに、処女喪失した同じ日ライキは浮気をしました。しかも相手は私の親友でした。親友も許せなかったしライキも許せなかった。その後、謝罪もなく自然消滅という感じで別れました。親友とも絶交をしました。
社会人になった私は少しでもお小遣い稼ぎのつもりでスナックで働きました。最初は戸惑いながらだけれど今では楽しく働いています。
働き始めて半年後の事でした。なんと、店に私の処女喪失した日に裏切ったライキが会社の人とやってきました。それを知らない店のママは私をその席に着かせました。ライキも私を見て驚いていましたが、会社の人もいるから何も言えませんでした。
処女
その後、会社の人達は私のことが気にいってくれたのか、質問ばかりしてきました。「辛い恋愛したことないの。」と言う質問に対してライキを見ながら「学生の頃好きな人と付き合えて、彼が私の処女をあげたのに処女喪失した同時に私な親友と浮気をしたの。それが辛かった。」周りは同情してくれました。ライキは言葉を失いお酒をどんどん飲んでいました。
そして、仕事が終わった後にライキからメールがありました。
「あの時はごめん。後悔している。もう一度やり直せないかな。」あの時に聞きたかった言葉でした。私はもう結婚している。今の夫は優しい人だから裏切ることはしたくない。辛い恋愛だったけれど謝罪してくれて良かったと思いました。
センズリ鑑賞
プチ援助交際

プチ援

援交してるんだけど、生理中とか体調悪い時、まぁ、性病にかかったりね・・・
そういう時はプチ援してる。
プチ援すると分かるけど、援交の方がはるかにラクだよ?
男の人って、ヤレればそれでいいって言う時に援交するでしょ。だから、そこそこの容姿で、平均的な感じだったら、誰も文句言わないのよ。
だけど、プチ援の時は、こだわり強い人がいたりするし、それに無駄なおしゃべりもしてあげなきゃいけなかったり・・・
援交よりもプチ援の方が「接客」技術が必要になると私は感じてる。
まぁ、言ってみればー。お持ち帰り専門の牛丼屋と、イートインできるスタイルの牛丼屋の違い?
お持ち帰りだと、接客とかどうでもいいじゃん。安くて食えればそれでよくて、多少お釣りの渡し方が雑だとしても、誰も文句言わないでしょ?
プチ援
だけど、イートイン出来る牛丼屋だと、「どん!」って雑に牛丼持って来られるとやっぱりカチンと来るし、ホールの人が無愛想だと「感じ悪!」って文句言いたくなる。
私はこの例えで言うところの、持ち帰り専門で普段はやってるからさ、たいして接客とかできるわけじゃないわけ。
んで、たまーにイートインのところでバイトすると、持ち帰り専門店の癖が抜けなくて、つい無愛想になっちゃってお客さんから文句言われる、と。
持ち帰り専門で、変に愛想がいいと、それもそれで変じゃん。
客にだって色々あって、あんまり他人と交流したくない、できれば店員さんロボットの方がいいとか思ってるような人たちだしさぁ。
それ仕様になってるから、時々イートインってなると、調子がつかめないんだよ。
フェラされたい
フェラされたい

オナチャット

お前のやってることは、所詮オナニーにしか過ぎないんじゃ、ボケ!と上司に怒られた。
厳しくて口の悪い上司で、半端な企画書やプレゼンをやると、途端にそう怒られる。オナニーなんて言わずに自己満足って言えばいいのに、いったん火が点くと口の悪さが止められなくなる。ただ、おっしゃる通り、この提案書でクライアントをイカせられるかどうかは疑問だ。百戦錬磨の上司にとっては、部下の自己満足行為にしか見えないのだろう。
まあ、所詮オナニーなのだと思いながら、疲れて帰った来た後はオナチャットを楽しむ。僕は海外サイトのアダルトライブチャットに登録していて、女の子のオナニーを美味しく頂いている。所詮オナニーしかできない僕には、セックスさせてくれる相手もいないからだ。
「そいつ、最悪だね」と、僕が上司の話をすると、今日のツーショット相手のサザナミさんがうれしくも同意してくれた。彼女と上手くツーショットすることができれば、オナチャットしあう仲だ。サザナミさんとセックス出来たらなあ、と思いながら、お互いにオナニーしつつチャットする。しっとり濡れたあそこが僕のピストンを加速させる。空想の中ではサザナミさんの股間には、僕のものが挿入されている。
クリ責め
「オナニーを馬鹿にするやつはオナニーに泣くんだ!」と、サザナミさんもまた指の動きを強めていく。
「そんなやつは、つまらないおかずでつまらないオナニーしかできない半端ものだ!」何だか知らないがサザナミさんにスイッチが入ってしまったらしい。腰をグイングイングラインドさせてくる。オナニーは個人作業だ。しかし、お互いのオナニーを見せ合って極みに達するオナチャットは、セックス以上の至高の共同作業である。
「オナニーばんざーい!」と僕たちは同時に叫んで同時に果てた。
翌日、会社に行くと、上司の名前で僕の提案書がクライアントに提出されていた。「つまらない提案だったけど使えないレベルじゃなかったからな」などと上司は言ってきたが、そのまま使われていると言うことは認められたと考えていいだろう。オナニーも極めれば他の人間にはまねできない世界を作り出すことができるのだ。
テレフォンセックス
エロイプ

センズリ鑑賞

「センズリって何?」と、マキ姉が堂々と聞いてきたので、俺は味噌汁を吹き出しそうになった。つーか、そんなことを実の弟に聞くな、ググレカス!
マキ姉は俺より三つ年上で、介護施設に勤めている。美人かブスかに世界が二分されるなら、補欠で美人ワールドにカテゴライズされるかもしれない。もっとも、長い間、姉弟関係をやっているし、姉が美人でうらやましいとか言うことは一切ないし、姉の下着でセンズリこくようなことは間違ってもない。
そんな姉だが、エロワードを出してくるとやっぱりドキッとする。話を聞くと、担当しているおじいさんが「わしももっと若ければセンズリこくのだが」とか言っていたらしい。後でセンズリの意味を知ったら、マキ姉は軽々しい恥ずかし発言に生きていけなくなるだろうな、と思う。
俺が返答に困っていると「なになに?もしかして○○もセンズリするの?やってみせてよ」なんて言い出す始末。どこの世界に、実のねーちゃんにセンズリ鑑賞される弟がいるものか!
テレセ相手探し用の掲示板がある出会い系を効率的に使う
ぶっちゃけて言えば、俺だって健全な男の子だからセンズリはする。残念ながら未だに童貞だが、センズリに関してはご近所でも五本の指に入るくらい極めていると断言していい。
マキ姉が「ヒントちょーだいよ」と言い出して、俺の頭の中には「こんにゃく、カップヌードル、ちくわ」と言うワードが浮かんできて、姉にセンズリ鑑賞されながらこんにゃくでイッてしまう自分を思わず想像して慌てて打ち消した。こんなヒントが浮かんでしまう自分が情けない。
やがて、俺は意を決してマキ姉に「ひとりエッチ」のことだよ、と。真実を告げた。恥ずかしいことを聞いてきて俺を困らせる実の姉を狼狽させてやろうと企んだのである。ところがマキ姉は強者だった。「あーなるほど。これでようやく意味がつながったわ。ところで、1000回こするからセンズリって言うの?」なんて聞き返してきた。
恥ずかしがるどころか、ますます興味津々な様子のマキ姉であった。こりゃ、センズリ鑑賞させなきゃ姉の興奮は収まりそうにない・・・って、するか、んなもん!

あそこ舐め
あそこ舐め

性奴隷

ほら、都市伝説であるじゃん。
マグロ漁船には性奴隷を積んでるって話。
借金まみれになった女が売られて、性奴隷として船で働かされて、最後には・・・海に捨てられて殺されるって話。
あれ・・・ほんと、信じてるのがいるとは思ってなかったけど、たまに本気にしちゃってるのがいるんだよね~。
いや、びっくりだよ。
今も昔も、そんなことするのがいるわけないだろ(笑)
俺、転職してマグロ漁師だけど、そんな話、聞いたことないし!
実際、数週間、数か月の単位で海に出ることもあるけど、性奴隷付きだったことなんて一回もないぞ。
もし、性奴隷が乗ってたとしても、俺はそういうの絶対無理だね。
ああいう極限状態で性欲が増す人もいるのかもしれないけど・・・
PCMAXの雌奴隷志願の看護学生に中出し
もし、あの都市伝説が本当にあるとしたら、陸の上でもそういう男は何らかの犯罪にかかわってるはずだよ。
だって、性奴隷なんてフツーいないでしょ?っていうか、性奴隷を調達するなんて思いつかないよね?
漁師だから、長い時で数か月女を見ないからって、犯罪までする必要性を感じるほど、性欲ってある?
俺は、船に乗ってる間そういうこと考える余裕ないけどね。
だって、帰ったらいくらになるかとか、その金の使い道とか、そういうの考えてたら、割と楽しいし、充実してるし。
それに、帰ったら奥さんいるしね・・・。
奥さんの喜ぶ顔が何よりだし。
それに、同僚もいる中で、性奴隷相手にするなんて、しかも同僚とその性奴隷を共有するなんて、寒気がするんだけど。
口内射精
プチ援交

セフレの作り方

高校3年生の私は大学受験で毎日勉強三昧の生活を送っています。母親からも少しは息抜きした方がいいと言われたので、久しぶりにショッピングへ出かけると、同じクラスの明美がいました。そして、一緒にいる男性は父親みたいな年配の人でした。腕を組んでいるし、父親には感じなかった私は怪しいと思いました。この事を親友にメールで伝えました。

「あんた、知らなかったの。明美セフレがいてその人に欲しい物は何でも買って貰っているんだよ。」「マジか、受験でこっちは大変なのに。てか、犯罪じゃない。学校に知られたらマズイんじゃない。」「そうだね。」でも、正直セフレの作り方を知りたいと思いました。Hだけでなく色んな物を買ってくれるならと楽。大学も行かなくていいかなと甘い考えをもってしまいました。
セフレ募集

ところが数ヶ月後。明美は高校を中退しました。理由は妊娠。セフレの作り方を聞こうと思ったけれど、あのセフレとの間に出来た子供かなと思いました。私はこれを機に変な考えは止めて勉強に頑張ろうと思いました。

数ヶ月後、無事に希望する大学に受かりました。そして、そこで素敵な彼氏を手に入れました。彼は優しく、不満のところがありません。もし明美にセフレの作り方を聞いていたら彼に出会うことはなかったんだなと思いました。

「今日は安全日。生でHしちゃダメかな。」「えっ、いいよ。」生理終わってすぐだから大丈夫と思って彼とエッチを生でやってしまった私。でも、彼が喜ぶから断りたくないし、妊娠しても彼が結婚してくれるかなと再び甘い考えをもってしまいました。
デート援
別苺