カテゴリー別アーカイブ: 嫉妬

プチ援

援交してるんだけど、生理中とか体調悪い時、まぁ、性病にかかったりね・・・
そういう時はプチ援してる。
プチ援すると分かるけど、援交の方がはるかにラクだよ?
男の人って、ヤレればそれでいいって言う時に援交するでしょ。だから、そこそこの容姿で、平均的な感じだったら、誰も文句言わないのよ。
だけど、プチ援の時は、こだわり強い人がいたりするし、それに無駄なおしゃべりもしてあげなきゃいけなかったり・・・
援交よりもプチ援の方が「接客」技術が必要になると私は感じてる。
まぁ、言ってみればー。お持ち帰り専門の牛丼屋と、イートインできるスタイルの牛丼屋の違い?
お持ち帰りだと、接客とかどうでもいいじゃん。安くて食えればそれでよくて、多少お釣りの渡し方が雑だとしても、誰も文句言わないでしょ?
プチ援
だけど、イートイン出来る牛丼屋だと、「どん!」って雑に牛丼持って来られるとやっぱりカチンと来るし、ホールの人が無愛想だと「感じ悪!」って文句言いたくなる。
私はこの例えで言うところの、持ち帰り専門で普段はやってるからさ、たいして接客とかできるわけじゃないわけ。
んで、たまーにイートインのところでバイトすると、持ち帰り専門店の癖が抜けなくて、つい無愛想になっちゃってお客さんから文句言われる、と。
持ち帰り専門で、変に愛想がいいと、それもそれで変じゃん。
客にだって色々あって、あんまり他人と交流したくない、できれば店員さんロボットの方がいいとか思ってるような人たちだしさぁ。
それ仕様になってるから、時々イートインってなると、調子がつかめないんだよ。
フェラされたい
フェラされたい

性奴隷

ほら、都市伝説であるじゃん。
マグロ漁船には性奴隷を積んでるって話。
借金まみれになった女が売られて、性奴隷として船で働かされて、最後には・・・海に捨てられて殺されるって話。
あれ・・・ほんと、信じてるのがいるとは思ってなかったけど、たまに本気にしちゃってるのがいるんだよね~。
いや、びっくりだよ。
今も昔も、そんなことするのがいるわけないだろ(笑)
俺、転職してマグロ漁師だけど、そんな話、聞いたことないし!
実際、数週間、数か月の単位で海に出ることもあるけど、性奴隷付きだったことなんて一回もないぞ。
もし、性奴隷が乗ってたとしても、俺はそういうの絶対無理だね。
ああいう極限状態で性欲が増す人もいるのかもしれないけど・・・
PCMAXの雌奴隷志願の看護学生に中出し
もし、あの都市伝説が本当にあるとしたら、陸の上でもそういう男は何らかの犯罪にかかわってるはずだよ。
だって、性奴隷なんてフツーいないでしょ?っていうか、性奴隷を調達するなんて思いつかないよね?
漁師だから、長い時で数か月女を見ないからって、犯罪までする必要性を感じるほど、性欲ってある?
俺は、船に乗ってる間そういうこと考える余裕ないけどね。
だって、帰ったらいくらになるかとか、その金の使い道とか、そういうの考えてたら、割と楽しいし、充実してるし。
それに、帰ったら奥さんいるしね・・・。
奥さんの喜ぶ顔が何よりだし。
それに、同僚もいる中で、性奴隷相手にするなんて、しかも同僚とその性奴隷を共有するなんて、寒気がするんだけど。
口内射精
プチ援交

パトロン募集

貧乏の家に生まれたせいで私は学生の頃はずっと虐めに合いました。しかも、レイプまでされました。私にお金があったら逆にお金で虐めた人たちを見返せるのにと何度も思いました。

そんなある日、20歳になり同窓会のハガキが届きました。過去の私なら参加するわけがないけれど、今の私は違います。パトロン募集でパトロンが出来てからお金に困る生活はなくなり、虐めていた人たちに逆に見返したいと思いました。

「虐めていた人に会ってどうする。仕返しでもするのか、何も出来ないだろう。」パトロンの亮が私のことを心配します。亮とは私が亮のスマホを交番に届けたことをきっかけに知り合い、何度か会うに連れて今の関係になりました。見た目はとても怖い人だけど、私には優しく、私は亮のお陰で性格も見た目も明るくなりました。
パトロンとは

同窓会当日。私は少し遅れて会場に参加しました。ブランドで着飾った服のせいか、みんなが私に話しかけてきます。そして、心配した亮も様子を見に来ました。関係者以外で普通なら参加は出来ないけれど、見た目が怖いせいか誰も亮を止める人はいませんでした。私は、私を虐めてくれた人に亮を紹介しました。

「学生の頃はお世話になりました。」「いいえ。」怯えている彼女たち。そして、私に無理やりレイプした男子には亮が挨拶をしていました。「小さそうだな。お前のあそこは。」そう言って彼のあそこをぎゅっと握ってすぐ離しました。苦しがる彼の姿に私はここへ来て良かったと思いました。学生の頃は一番不幸な女と思っていたけれど、亮に出会えたことが一番の幸せです。
パトロンとは
パトロンとは

神待ち

今を遡ること10年前くらい前の話だ。
僕が住んでいるのは、いわゆる地方都市。生活には不自由ない土地で、どこかのんびりとした空気が漂っていた。
僕の様に、すでに人生をあきらめかけていて、余計なかかずらいはごめんな人間にとっては過ごしやすいのだろうけど、若い子たちには地方特有の刺激のなさが物足りなさにつながるのだろう。町を出ていく若い子は多かった。
和美ちゃんもその一人だった。
僕は、彼女と神待ちサイトで知り合った。こんな町だけど、神待ちの子は確実にいる。
和美ちゃんは、ふわっとした髪型が印象的で、美人ではないのだけど、愛嬌のある子だった。
今はまだ、未成熟な子供っぽさが残るが、目鼻立ちはしっかりしているので、数年後には結構な美人になっているかもしれない。
セックスも濃厚だった。上手い下手ではなくて、一生懸命に僕を楽しませてくれようとしていたし、自分も楽しむ努力をしているように見えた。
夕方は、飲食店でバイトをしているという。そして、夜になると、神待ちをして僕のような男を捉まえているそうだ。
神待ち体験
お金を貯めて、高校を卒業したら、この町を出たいと彼女は言う。
和美ちゃんには、夢があるらしい。それは、この田舎町では叶わないものだそうだ。
ただ、何となくだけど、僕は、和美ちゃんの抱いている夢が叶う気がした。彼女との濃密なセックスはおそらく天性だけのものではない。様々な経験から、サービス精神に磨きをかけたものだと思う。その努力があれば、何だって成功する。
そして、現在。
僕は、朝のドラマに出ている和美ちゃんを目撃した。
そのドラマで注目された和美ちゃんは、今やスター街道を突っ走って、芸能界のトップを走っている。
彼女は成功したのだ。まさか、それが芸能界だとは当時は思わなかったが。
「私は、あの町に育ててもらったようなものです。いろんな人がまるで神様のように様々な形で育ててくれました」
この町で神待ちをしていた彼女にとって、僕は神の一人になれたのだろうか、と思った。
セックスフレンド募集
セックスフレンド募集