月別アーカイブ: 2019年6月

センズリ鑑賞

 出会い系でメル友になって、女友達になってくれた子が僕にはいます。
彼女の年齢は21歳。
現役の女子大生です。
ちなみに僕の年齢は26歳。
恋人いない、ちょっと寂しいリーマンです。
由衣とは、純粋な友達関係であり、ただしネットということもあり下ネタを話したりすることはありました。
それでも、彼女の肉体をご馳走になりたいとか、懇ろになりたいと言うような思いは少しも持っていませんでした。

 LINEで、暇な時間に由衣と通話を楽しんでいた時のこと。
「ねぇ、彼女いなくて、欲求不満にならないの?」
「なるに、決まってるでしょ」
「風俗行けばいいじゃん」
「ヒラリーマンだから銭がないの」
「それじゃエッチなの見ながら、シコシコ?」
「健全な男はみんなやってるぞ!」
「エッチだな(笑)」
「でもさあ、マンネリで何となく興奮できないんだよね。由衣の裸とか提供してくれればな(笑)」
オナ指示
「バカ(笑)、できるわけないでしょ(笑)」
「でも、見せるくらいなら、妊娠もしないしさ(笑)」
この順調な会話の流れからだったんです。
「センズリ鑑賞させたことある?」
「なに、いきなり?」
「男の人って、センズリ鑑賞させると興奮するのかなって思ったの」
「その相手がいないんだけど、もしかして由衣がその相手になりたいの?」
「えっ、ええっ(笑)、まっ見ても悪くはないかなって気持ちはあったりね(笑)」
「そんじゃテレビ電話してみる?」
「うん」
最初は、冗談だと思っていました。
ところが、本気でセンズリ鑑賞させることになってしまいました。
「やだ、凄いエッチな形だね、オチンチン」
「こんなに膨張しちゃって…凄いスケベ」
「由衣も濡れてきたかも・・」
女の子にこんな発言されてしまっては、股間が疼きまくりです。
夢中になって見せながらシコシコ。
由衣も、興奮しているのが分りました。
それで結局、彼女もオナニーを開始。
一緒にオナニーを楽しみまくる。
僕は彼女にオナニーを見せまくる。
この壮大かつ壮絶なエロチズムに、すっかり心を奪われてしまいました。
オナニーのライブ配信
エロチャット